神戸市教育会館で行われるふあうすと川柳社主催の句会 表現力を学ぶためには、言葉のスペシャリストたちの沢山の想像をかきたてる表現を聴くことが一番の近道

川柳、俳句、短歌で表現や想いをSNSで投稿される方が増えていますね。

営業で使える表現力を養いたくて、チラシやポスターのキャチコピーを考えられるようになりたくて川柳をはじめました。

毎月第2土曜日に開催される川柳句会に定期的に参加して、沢山の素晴らしい作品に触れて、自分の川柳も評価してもらっています。

神戸に拠点のあるふあうすと川柳社さんの句会

月に一度の句会で、100名近く集まります。神戸市教育会館の6Fが会場となり、毎月5題テーマがあり、そのテーマの句を自分なりに作句していきます。
各題2句作って提出というスタイルです。

句を提出した後は、ちょっと自由時間ができるので、1Fのレストランでくつろがれている方が多いですね。

選者の方が、提出した句の中から入選句と秀句を選ばれ読み上げていきます。呼ばれた句を作られた方は、自分の名前を言います。呼名できたときは本当に嬉しい気持ちになります。

5月の川柳句会案内

場所:神戸市教育会館
時間:13時から
会費:500円
お題:「緑」「ぎりぎり」「渦」「雑詠」「席題」(席題は当日発表)

こんな人に川柳はおすすめ

いろいろな場面で表現力を生かすことができます。
キャッチコピーなどを考えたりするお仕事や営業をされている方には、絶対やってもらえると力になります。
17文字の短い文章で、想像力をかきたてる表現が養えますし、営業マンがお客さんにアドバイスをするときでも表現力を生かすことができます。BlogやSNSを発信されている方にも。タイトルを考える時に役に立ったりしますよ。
また、お子さんがおられる親御さんも川柳を学び言葉の美しさを子どもに伝えていくことができるのでおすすめします。

封筒印刷のご依頼・お問い合わせはこちら


封筒に手書きを添えるだけで印象が劇的に変わります。封筒印刷のお問い合わせは前川企画印刷へ

スポンサーリンク







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です