中小零細企業の代表の語録からまなぶ。自分のブランディング。仕事をして行く上でお客さんにとってどんな役に立てるのか。

お客さんのところに行って、業者さん、〇〇屋さんと呼ばれることって、仕事をしていると結構ありますよね。

お客さんには悪気があってそう呼んでいるのではないから気にすることはないんだろうけど、やっぱり名前で呼んでもらった方が嬉しいですよね。

@bataさんは、コトバノというブログやSNSで伝える力、言葉のスペシャリストとして表現されています。

名前で呼ばれないのって結局は、お客さんにとって仕事以上のお役に立てていないからだと思います。「〇〇さんは、こういう時力になってくれる」っていう強みであったり、スペシャルな何かがあってこそ名前で呼ばれるようになるし、信頼関係が築けます。

自分が働いている業界の中でスペシャリストになればそれは正解だろうし、別の特化した部分を見てもらうのもいいと思います。

僕自身は、印刷のことなら、販促のことならという言葉がもらえるように、そして、お客さんのお役に立って、感謝されるように仕事をしていきたいですね。

名前で呼んでもらえてないなぁという方は、自分が特化できるもの、自分自身のブランディングをしてみてください。

封筒印刷のご依頼・お問い合わせはこちら


封筒に手書きを添えるだけで印象が劇的に変わります。封筒印刷のお問い合わせは前川企画印刷へ

スポンサーリンク







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です