ニュースレターを継続できているのはお客さんのお陰。そして継続していると効率が良くなってくる作成方法

毎月かかさずにニュースレターを作成して1年半がたちました。
何をやっても中途半端で、最初は続けようと試みても続かない。そんな事を繰り返していましたが、ニュースレターだけは継続できています。

継続出来ている理由は、やっぱりお客さんが支えてくれているからだと強く感じます。

1年半継続できているのはお客さんのお陰

毎月お客さんに手渡したり、郵送させてもらっているニュースレターも1年半継続できました。
その理由は、お客さんからいただく温かいお言葉です。

「ニュースレター毎月楽しみにしているよ」「さるくん頑張ってるね」「さるくんのニュースレターみたいなの作ってみたいんだけど」などなど。

僕を愛称で読んでくれる方も増えました。仕事の関係でもやっぱり愛称で呼ばれることは本当に嬉しいです。親しみを感じます。
お客さんのところで「さるの独り言」というテプラが貼ってあるファイルを見つけた時には感動してしまいました。
ますます継続しよう、楽しんでもらおうと思うようになっています。

レイアウトが決まればニュースレターの作成も1時間で出来る

継続すると効率よく作成できるようになる

人間継続し続けると効率が良くなる事がわかってきました。
「どうしたらもっと早く作れるか」を考えるようになるからだと思います。
仕事中にタイトルを考えてメモしておいたり、写真を沢山撮り溜めておいたりして、時間短縮を考えて動けるようになるからです。
最近では、作り出してから30分程度で完成することが出来るようになりました。

効率は良くなったのですが、僕の場合まだまだ誤字脱字が多くて、たまにお客さんにご指摘を受けちゃいますけど・・・
もうちょっと出来てから、誤字脱字のチェックは、しないといけないですね。反省しております。


お客さんと接する機会の多い、営業マンの方々には、ニュースレターの作成に挑戦してもらいたいです。
距離も縮まって、お客さんとの良い関係にニュースレターが貢献してくれるはずです。

最後に今月のニュースレターを公開。

レター17

封筒印刷のご依頼・お問い合わせはこちら


封筒に手書きを添えるだけで印象が劇的に変わります。封筒印刷のお問い合わせは前川企画印刷へ

スポンサーリンク







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です